FXで儲ける必勝法

敗因分析が出来ればFXは怖くない

木曜日, 8月 28, 2014 | 6:35 pm

副業として人気のあるFX取引ですが、一歩間違うと大変な損失を蒙ります。損失を小さく儲けは大きく、誰もが望むことでありながら思い通りにいかないのが、FX取引です。損失を少なくするには、何故損を出したのかを分析する事にあり、それが出来ればFXは怖くありません。敗因の主たる要素は、下がったら買を入れ、上がったら売り建てると言った考え方は間違いないものの、予定していた値下がりを待ちきれないで慌て買い、予定の値上がりを待ちきれないで中途半端な時点で売り立て、その結果損失を招いてしまう事が多い。も一つの大きなポイントは、予想通りの利益が出ているのにもう少し上がるだろうと欲を出した結果、値下がりに転じて損切を余儀なくされる結果になった。この様に、中途半端な気持ちで売買し、欲を出し過ぎて損失につながった、こういった事は良くある事です。


<技術的な根拠ある時はじっくり売買タイミングを待つ>

FX取引では、チャートを読み、世界情勢などから推定した値下がり値上がりのターゲットが決まれば、予想通りの値下がり、値上がりの傾向が出ても、じっくりターゲットに届くまで待つ忍耐力が必要です。予想に反して逆の傾向が出た場合は、傷が深くならない内に勇気を持って損切を行うことで、損失を最小限に抑える事が出来ます。

—yoadmin
(posted in FX)

Find this post interesting? Besides commenting below, you can follow responses with the RSS 2.0 feed or

Comments are closed.

Copyright © 2012 FXで儲ける必勝法. All Rights Reserved.